坂東札所参拝(その1)

坂東札所参拝(その1)

 日本百観音霊場とは西国33・坂東33・秩父34を合わせての名称ですが、秩父はマイナーで歴史も半分 規模も・・よく入れたものです・・

そんな百観音の協議会の席にて、大寺院さんを前にスピーチすることになりちょっとビビりました・・(--;)

 他宗の札所和尚さん方ともいろいろお話させていただきましたが、結構秩父にも四国にもお参りされててお詳しいことに驚きました。と同時に我々は井の中の蛙であることに恥ずかしくなりました・・・といういきさつもあり今月より坂東札所参り始めました(^^)


ちょうど南禅寺派関東寺院の総会も重なり修善寺と松陰寺さんへ拝塔させて頂き、弘法大師と白隠さんに旅の安全をお願いしてスタートです。

 小田原 札所5番勝福寺さんへ


境内がめちゃめちゃ広い‼ しかも綺麗にしてはる。掃除大変やろな~。

あっ!インキン忘れた・・ なしでも英さんと最初なんで張り切りすぎて本域の諷経と回向を終え振り返ると犬の散歩してはったお姉さま方が感動して手を合わせてはりました・・(^ ^:)いやいや・・        ※インキンとはお経を読む時に使う持ち運ぶ鈴のことです。


別名 飯泉観音とも言われている十一面観音さまは二宮金次郎に信仰され 徳川家康も小田原攻めの時、必勝祈願に日々参拝していたそうです。

初発願の印を頂きなんか自然にニコニコ嬉しくなりました。皆さんも同じ感覚なんやろなと改めて考えさせられました。勉強になります。 

つづく




樹齢600年西善寺のコミネモミジ 秩父三十四観音霊場札所八番 西善寺について 仏式結婚のご案内 雲さん日記